スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャンブル

2007年03月31日 20:21

「ギャンブル」なんてタイトルついてますが、賭け事とはちと違います。

『勝馬投票券』とか『舟券』とか『ロト』とか『ナンバーズ』とか『TOTO』とか『設定6』とか『車券』とか『ジャンボ』とか『チンチロリン』とか『こいこい』とか『加重平均線』とか『確変』とか『ノミ屋』とか想像した方は残念でした。
(↑これ全部の意味がわかったらギャンブル狂確定ですw)←お前だろw


メールや、ケンカでの「賭け」のこと。
もちろん恋愛においての話です。
(お!今日は本題が早いぞ)

勢い余って「思わず」言ってしまうことってありますよね。
たいていその場は逆ギレするんですが、後からものすごく後悔するってヤツ。


「なんなのよ!じゃあどうしろっていうのよ!」

「うるせーな。知るかよ!」

「いつもアナタはそう言うじゃない。話も聞かずに。」

「んだよ!ならもう好きにしろよ!」 ←ココw

「本気で言ってるの?」

「当たり前だろ!もういいよ面倒くせぇな。」 ←逆ギレw

「わかった。」

「へっ!」 (え?何をわかっちゃったの?マズい言い過ぎたかな・・・)

「じゃあね。」 ←※①

「お前ふざけんなよ。それで終わりかよ。」 (だから待てって。振り向いてよ~)

「だってアナタがそう言ったんじゃない!」 ←※②

「とにかく、ちょっと座れよ。」 (ホッ★)


え~と、リアル過ぎですね。
あ~びっくりした。ついこの間の話じゃん。
まるで彼女の声が聞こえてくるようでしたw

今日の「ギャンブル」ってのは※①の部分です。
彼氏の逆ギレに対して、彼女が怒って言ったセリフ。
これが戦争なら核ミサイルですよ。しかも潜水艦発射型の。

名付けて「お前、それ言っちゃおしまいでしょ!?」ミサイル

ここで重要なのは、※②のセリフなんですよ。
※①の後に捨てゼリフ以外の言葉があれば、※①のセリフは彼女のギャンブル。
彼女もこれを使うのは怖かったはず。

核ミサイルの発射はしたけど、実は核は搭載されてない。
ところが、慌てた相手が本物の「核」を報復してくる可能性がありますから。


「当たり前だろ!もういいよ面倒くせぇな。」

「わかった。」

「へっ!」

「じゃあね。」 ←※①

「あぁ、ならもう終わりにしよう。」 ←核の報復

「サヨナラ。」 ←報復の報復

「元気でな。」


ここまで来ちゃうと、後に引けない可能性がありますからね。
まったくこのパターンで別れた経験を持つ私が言ってるんだから間違いない。
特に不倫関係の場合ってのは、これが危ない。
意地の張りどころを間違えると、取り返しがつかなくなるんです。

そんなの不倫に限らないじゃないか!
・・・そう思います?


ためしに、一つ質問に答えてください。

 ・ケンカをした時。
 ・メールや電話がつながらない時。
 ・相手の行動の矛盾点を見つけた時。

普通の恋愛なら、第一に「怒る・不安」なはずです。
ところが、不倫だと「怒る・不安」の感情が50%しか出てこない。


残りの50%って何だかわかります?


答えはおそらく 【 あきらめる 】 です。


だから今は1分でも早く彼女に逢いたい。
お互いが必要なんだと確かめたい。

「誤解」は、解くためにあるんだから。


今度逢ったらキッチリ襲ってやるからな★
スポンサーサイト

swith②

2007年03月30日 22:09

もう脱線しないぞ!(↓の記事から読んでね。)

『 ダメ!脱線! 』

しかし今日は風が強くて、電車が脱線・・・



さて。

その昔、記事にちょっと書いたのですが、私は行動をする時にたいてい「二の矢」を持ってます。
二の矢って? 念のため補足を。

例えば彼女と食事をするとして、「今日はあそこに行こう!」と決めますよね。
ところが、何かがあって店に入れない状況になる可能性ってあるじゃないですか。
満員で30分待ちって言われたり、団体予約で入れなかったり。

関係ありませんが、私は「待つ」のが嫌いです。
どんなにおいしいラーメン屋でも、並んでは絶対に食べません。
ただ立ってるくらいなら、隣りでスパゲッティ食べます。
待てる限界の時間・・・どんなに長くても5分ですね。
(TDLに行けない人ランキング第一位w)

やべ、脱線してる・・・

ま、そんなことでお店に行けないとなると、次のお店を探すのって大変ですよね。
何より二人ともテンションが下がる。

そうならないように、ここがダメならここ、さらにダメならここ。
って具合に「二の矢・三の矢」を持っておくんです。


(おいおい、まだ補足しか書いてなくね!?)


それの発展版なのですが。(←ようやく本文w)
私は行動に対してスイッチを持ってるんですよ。
しかも、両方「ON」の。

ポジティブ思考が取り柄の私なのですが、思う通りに行かない場合もある。
それは自分が原因だったり、外的な原因だったり様々。
その時の「ガッカリダメージ」(←いま命名)を軽減するスイッチ。

失敗したパターンを想定して、ポジティブ側に切り替えておくんです。

↓こんな感じ。


今日は電車で得意先回りをする。
    ↓
人身事故で電車が止まってる。
    ↓
そういや、電車から見える土手の桜がキレイだ。
    ↓
車で行くなら、あそこで桜が見れるな。


彼女と待ち合わせ。
    ↓
急に具合が悪くなって来れない。
    ↓
ネットで調べた気になるショップがある。
    ↓
そこに行って買い物しよう。


ダメになってから考えればいいじゃん。と思うアナタ!
これがあると無いとでは違うんですよ~、心理的に。
確かに、本来の予定が崩れると一瞬凹むのですが、立ち直りが違う。

さらに追求するなら、自分を少しコントロールしておくんです。
「どっちも捨てがたいなぁ~」という心理状態にしておく。
これが両方「ON」のスイッチです。

どちらかが成立した場合でも、片方が無くならないものにしておくのも重要。
そうすることで、スイッチの使い回しができますから。
いちいち考えるのも大変だしねw


お試しあれ☆

switch

2007年03月30日 21:32

今日は電車で久しぶりに声が出ました。
車両に乗った瞬間のことです・・・

「ゲッ!?」

私の声には誰も気づきませんでした。
なぜなら、目の前の映像はそれほど衝撃的だったから。
全員の目が釘付け。あ、目というより耳かw

え~と、昨今は電車の中で化粧してる女性も多いですね。
ことの賛否はともかく、もはや車両に一人はいるかも。
『あぁ~、こうやって作るんだなぁ。』と感心してます(←失礼w)

座り込んでる学生もよく見かけますね。
車両と車両の間に何人かで座ってお菓子を食べてる。
実に微笑ましい光景です。
私の帰る時間(ほぼ終電に近い)では、酔っ払いがそこでゲロ吐いてますけどねw


そんな風変わりな最近の電車の常識を打ち破る出来事。

やっぱねぇ、女の人やガキとかに出来るなら、時代に乗らないと!
40代とか50代の会社員だって、対抗していかなきゃ!(何を?)


・・・ってなことを考えていたとは絶対に思えませんが


『オッサン(推定50歳)がシェーバーで髭剃りしてました。』

ヴィ~ン、ジョリジョリジョリ、ヴィ~ン・・・

ヲイ!
いくらなんでもそりゃねーだろ。
だいたい、何が不思議ってどうしてシェーバー持ってるの?
化粧道具とか、お菓子とかと根本的に違うでしょ。
いつもバッグに入れてるの? それってヒゲとかこぼれないの?
充電とかどこでしてるの? 朝そんなに急いでたの?

もう聞きたいことがいっぱい。
しっかし、オッサンはへっちゃら。
特に慌ててる様子もなく、まるで当たり前のようにヴィ~ン。


恐れ入ったわ。
上には上がいるもんだ。格が違う。

隣に座ったオバちゃんの嫌そ~な顔とのコントラストが絶妙。
そのオバちゃんは荷物を座席において占領してましたがw


まぁ、女性の化粧と「身だしなみ」という意味では同点か・・・



あ、いっけね。
余計な話を書いてたら、また本題を書き損なった。。。

続けて書くか・・・はぁ。

あまりに長いので、今日のお話は「switch②」にて。

違い。

2007年03月28日 21:34

夜の街を歩いて、行き場のない自分を知って。

結局、会社に戻ってくるようじゃ、知れてますね。



二人にとって 「逢うこと。」「顔を見ること。」

1時間でも、1分でも長い時間を作ること。



それこそが、最大の喜びだと思ってました。

解決できないことだって、逢えば、顔を見れば、変わると思ってました。

体の触れ合いって、欲求を満たすものだけじゃないと思ってました。



ここ数年、プライベートでほとんど飲まなくなった私。

それらはすべて、「帰宅の遅い理由」として使っていた私。



今日はこんなに温かい日なのに。

コートを着てても寒いのは、なぜなんでしょう。

ありゃりゃ・・・

2007年03月26日 21:24

自分でアップした記事を読み返したら・・・

いや~「暗い」ね! ネクラ(←意味違う)

ポジティブ思考が売りの私としたことがぁぁぁ~!
それもこれも3月が悪いんです。
え~、決算のせいです。期末のせい。そういうこと。

放っておくと平気で日付変更線を超えますからね。
そりゃビールも飲んじゃいますよ(←明確な服務規程違反)
ところで「放って」って書けます?ルビが難しいのよ。


ちょっと彼女にも逢えない日々が続いてまして。
そんなわけでイライラが募っているわけですよ。

イライラしてるって時点で激しく方向を間違ってる気がしますが・・・
それだけ必要としてるってことで。(善意の解釈)


要するに人間の三大欲求(睡眠欲・食欲・性欲)のうち、二つが欠けてる状態。
さて、二つとはなんでしょう?ニヤニヤ

人間は、そういう状態に陥ると、補完欲求(今考えた)に走るんですね。
それは「物欲」だったり「ギャンブル欲」だったり「カラオケ欲」だったり。
女性は物欲、男性はギャンブル欲なんかが多いのでは?

ちなみに私は思いっきり「物欲」に走ります。


今月はあまりにもモノを買いすぎた・・・大反省。


絶対に作ることの無いガンプラとか (10,000円)

やりもしないPS2のゲームとか (6,000円)

着もしないバーゲンのコートとか (40,000円)

大きすぎてバックに入らないシステム手帳とか (9,000円)

噂だけで衝動買いしたDVDとか (3,000円)

いつ履くの?ってジョギングシューズとか (12,000円)

今度二人で試そうとした大人のオモチャとか (600円)

・・・ヤバい。もうやめた。
あらためて書くと過去の自分を殺したくなる。

お小遣い制なんだよなぁ~。
あんまり目立って使うと、余計な勘繰りを生むなw


『 アンタ!そんな金がどこにぃ~! 』


げに恐ろしきは女の直感・・・ですわww

裏側

2007年03月26日 21:03

またもや久しぶりですね。
いつも同じパターンの書き出し。

う~ん。

ま、いいや。
だって久しぶりなのは久しぶりなんだから(←微妙に逆ギレ)


ちょっと余計な話を書いてるヒマが無いので本題です。
(↑いつもそうしろや!って声はあえて無視)

あくまで一般論として聞いてくださいね。
ちなみに彼女についてのことじゃありません。
とあるブログを見て、ちょっと思ったこと。

テーマが不倫ってだけで一般論から逸脱してますがw


今日は・・・
『 相手の裏側 』 と 『 自分の裏側 』 の話です。

どこまで見てますか?

どこまで見るようにしてますか?

いや、どこまで「見ない」ようにしてますか?


不倫してる二人は夢見るような時間を過ごしてる。
それも他人や、自分の家族を犠牲にして。

う~ん。

それを指摘されたら完全否定はできません。
かと言って、ぐうの音も出ないって状況でもない。

そういう環境になったプロセスは千差万別でしょうし、中には同情できるものもある。
もちろん、それを持って不倫を肯定しようとは思いませんけどね。

この関係って、楽しいことばかりじゃないんですよね。
相手に合わせて行動しなきゃいけない場合も多いし、その行動すら制限される。
相手の感情の変化におびえて、さらに自分の感情を押し殺して。
恋愛関係を継続させようと無理をする場合もあるだろう。
(↑これは普通の恋愛でも言えることだけど。)


不倫が、普通の恋愛と決定的に違うこと。

それは、「相手を拘束しない(できない)。」ってことじゃないだろうか。

特別な決断をしない限り、相手は自分のものにならない。
だから相手に対する感情は、ある一定で止めざるを得ない。
そこに生まれる歪みによって、この関係は壊れていく。


水風船と、皮製の水入れ。


「思い」という水を入れる袋。

水がたくさん入れば、膨らんでいく水風船。

膨らむことを許さない皮の水入れ。


皮の袋がいっぱいになったら・・・


蛇口をしめますか?

それとも、壊れるまで水を入れますか?

Over Load

2007年03月19日 19:05

いや~ダメですねぇ。
何がダメって、自分の書いたこと忘れてましたからね。
前回の話って続きになってたんだね。
コメントの返事を書いてて思い出したよ。

ここんとこ、なんか世捨て人みたいになってるんですわ。
7時に出社して、帰るのが1時とか。
二桁の時間帯ってのが無い。というかずっと拘束されてる。
労働基準局とか行ったほうがいいですかね?
なぜか併設されてるハローワークもついでにw



・・・しばし沈黙・・・
(↑前回の記事を読み直してる。)



あ~、そういう話だった。
ホワイトデーのことね。ホテルまで行って気づいたってヤツ。

もう~! せっかく忘れてたのにぃ!!!

最近、立ち直りが異様に早い私です。


んでは、続きをば。


ホテルまで入った後に、まさかのホワイトデー。
コメントの返事にも書きましたが、私はこういうイベントって強いんですよ。

なに言ってるかわからない?
え~と、要するに忘れたためしが無いってことです。
忘れられたことは結構あるんですがね。

「プレゼントを忘れた。」という事実よりも、イベント自体を忘れてたってほうがショック。
忙しいなんて言い訳にもなりません。
24時間仕事のことばっかり考えてるヤツなんていない。
買い物行くヒマ?
前日知ったわけじゃあるまいし、イベントの日は固定なんですからいくらでもある。

たいていの場合、1ヶ月前には考え始めてます。
そうやって考えてる時こそが、一番幸せだったりもしてるのです。
これあげたら、彼女はどんな顔するかなぁ~。
初めは驚くだろうなぁ~。どこであげようかなぁ~。


・・・夢か。


なんて思考をよそに、気づいたらすでにホテルの部屋。
何をどうひっくり返しても、有効な対策が浮かびません。
そして、彼女から追い打ちの一言。


「今日が特別なのはわかるけど、料金までってのはズルイよねぇ~」

「あ、あぁ、そうだね。」 (わかるのか・・・)

「さすがに混んでるとは思ったけど。」

「う、うん。」 (思ったのか・・・)

「今日ってのは微妙だよね。」

「まあねぇ。」 (こっちの心も微妙だがな。)


一言一言が刺さるんですわ。
別に誰かが聞いても普通の会話なんですけどね。
なんたって、こっちには強烈な負い目がありますから。

ま、彼女の言わんとしてるのはもっともな話。

バレンタインデーならわかりますよ。
イベントの格としては上ですし、何より 『 女性→男性 』 の構図。

「チョコの代わりにわたしを食べて~!」ってのもアリですから。
(↑異常妄想者の世界ww)

ところが、ホワイトデー。
意味わかんなくないですか?
男が誘う局面のイベントじゃなくね?
それともなにか?二人っきりで渡したい物があるのさ~とか言う作戦?
「チョコのお返しにチョコバットを~」 (←叩き折られますw)


ここで、プレゼントが無いことを責め立てられたら逆ギレのパターンですよ。
ところがね、そうはならない。そこがエライ!(←彼女が)

まぁね、完全に察知されてたようです。
コイツは忘れてやがったな、と。
今日のところは見逃してやるか、と。

いや~やるね。心が広いね。(←彼女が)


「あの~、ごめん。忘れて・・・たの。」

「いいよ。忙しかったもんね。」

「いや、ちゃんと今度の時にさ。」

「ううん、時間作って逢ってくれたから嬉しいよ。」

「でも、次に・・・」

「一緒にいるほうが大切だもんね。」

「うん、ごめん。」


んなわけで、一件落着なんですがね。

なんかこの・・・

言うなれば、野球で0対15で負けてる感じっていうか・・・

そこからリリーフするピッチャーの心境っていうか・・・

そこから味方がソロホームラン打って、素直に喜べない状況というか・・・


何気に同情されると、かえって精神的に傷着くってのを知りました。

『 過ぎたるは及ばざるが如し 』

今度逢う時に、買い物一緒に行きま~す。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。