スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新カテゴリがこんな記事

2007年11月29日 21:17

え~、番組の途中ですがここで臨時ニュースです。

ただ今入った情報によりますと、携帯セキュリティについて貴重な情報が得られた模様です。
現場がつながっています。現場のおわわさ~ん!


(いや、ここはテキトーでいいだろ!どうせ誰も聞いてねーよ。)

(無理だって!こんなんで5分も引っ張れるわけないじゃん!)


失礼しました。あらためまして現場を呼んでみたいと思います。
現場のおわわさ~ん!


『あっ、はい、こちら現場です。』

「現在、どういった情報が寄せられているのでしょうか?」

『え~、どうやら携帯のセキュリティーについてブログに匿名の書き込みがあったようです。』

「それはどういった内容なんでしょうか?」

『詳しくは明らかになっていませんが、送受信メールのあて先の表示についてみたいですね。』

「もう少し詳しく伝えてください。」

『どうやら作者はドコ○モのセキュリティーを過信していたようですが、投稿のあった内容について検証したところ、指摘通りの結果に愕然とした模様です。』

「なるほど。具体的にわかっていることはありますか?」

『セキュリティーロックをかけた状態であっても、メール履歴を抜くことが可能のようです。』

「ほぉ。すると、セキュリティー自体の意味を失うということになりますよね。」

『まさにその通りです。』

「一旦、スタジオに引き取ります。」

『はい。現場からは以上です。』


これまでの情報をまとめたものがコチラになります。(フリップ)


ド○コモの携帯電話を開く。
メーカーは不明。おそらくどこも一緒だと思われる。ドコモだけに。(殺)
     ↓
着信履歴・発信履歴(電話)のボタンを長押しする。
     ↓
画面が自動的にメールの着信履歴・発信履歴に切り替わる。
     ↓
シークレット登録されていてもアドレスが表示される。
     ↓
なぜか履歴は消去できない。


恐ろしいですね・・・
例え会社の取引先のような名前をつけていても、アドレス抜かれたら一発ですから。
ダミーメール打たれたら抵抗のしようもありません。

もう一度現場を呼んでみましょう。
現場のおわわさ~ん!


(つーか寒くね!? 外にいる意味ある? スタジオだけでやれっつーの!)

(おっ!ここはいい女が多いねぇ~。仕事さっさと終わらせて一緒にワインでも・・・w)


ゴホン!
現場の音声が乱れているようですのでこの辺で。

臨時ニュースを終わります。
スポンサーサイト

男の料理

2007年11月27日 14:12

男女の平等が叫ばれてずい分たちますよね。
職業平等なんかにもよくあらわれてます。

例えば、電車の車掌さんとか、タクシーの運転手とか、大型ダンプの運転手とか。
昔は男しかいなかった職業に女性がいっぱい進出してる。

私個人としては、微笑ましい光景だと思うんですよ。
ただ、逆はあんまりいただけないな・・・と。
CA(キャビンアテンダント)とか、会社の受付とか、携帯の店頭販売とか。
これら男だったらと思うとゾッとしますからね。揉め事が増えそうだw
男性専用車両も怖いだろうな。一部の人には嬉しいでしょうが。


そんなこんなで男が厨房に立つことも多くなりました。
「男子厨房に立ち入らず」なんて言ってたら時代遅れのレッテル貼られます。

もともと、シェフって男が多いですよね。
有名ホテルの料理長クラスに女性っているんでしょうか?
女性は現実的だから、創作料理に向かないんですかね~
それにしては「カリスマ料理家」には女性が多いか。う~ん。


私も時には料理します。
これがまたバカみたいに凝るんですよ。
どこかの雑誌に載ってましたが、男性の料理は味よりも後片付けが大変だと。

わざわざデパート行って魚(スズキとか)買ってきて香草焼きしたりとか。
無駄に色んな種類のチーズ買ってきてオードブル作ったりとか。
勢い余って自分専用の包丁だぁ~!なんて3本も買ってきたりとか。

しかも料理が終わった台所はまさに戦場。
シンクに食器が入りきりません。ビニールもペーパータオルも調味料も散乱。
味はともかく、なにより1食1万円近くかけてりゃ家計が破綻します。


それでも「料理できる男っていいでしょ~」と強がったら・・・


「味付けに文句言われるから出来ないほうがいい。」

と、斬り捨てられました。合掌。

どうなってんだか

2007年11月26日 15:09

もうすぐクリスマスですね。街はクリスマス一色。
どこも赤と緑のリボンで飾られてる。

街には初々しいカップルが大勢。
イルミネーション眺めてうっとりしてるカップル見ると殺意が湧いてきますね。
(↑他人の幸せを素直に喜べないタイプ)

ところで、西暦0年ってキリストの生誕なんでしたっけ?
「B・C」ってBefore Christでしょ?

つーことはですよ。
キリストって12月25日が誕生日じゃないですか。
では、12月26日から31日に生まれた人は紀元前なの?紀元後なの?
そもそもどうしてキリストの誕生日を1月1日にしなかったんでしょう?

あっ!大事なこと忘れてた。

3大ブログに書いちゃいけないことでしたね。

「宗教」・「思想」・・・なんだっけ?
ま、いいや。


私ね、こう見えても(見えてないがw)結構神経質なんですよ。
どうでもいいようなことでもわりと細かいし、うるさい。
彼女もさぞかし苦労してることでしょう。(←他人事だなw)

中でも「時間」に関することが一番うるさい。
ここでもしょっちゅう彼女の遅刻について書いてますよね。
彼女のあの遅刻確率は表彰モノですから。
むしろ「間に合う」と「間に合わない」を逆転した方がいいくらい。

そんでね、私としては遅刻すること自体はどうでもいいのです。
女性が支度に時間がかかるのはわかるし、色々事情もあるだろうし。
いちいち遅れたからって怒ってると、彼女の場合半分以上の確率で・・・

要するに連絡をくれればいいわけですよ。

5分程度の遅れならとやかく言いませんし、連絡も必要ない。
ところが20分レベルになってくると、ちと状況が変わってきます。
そうじゃなくてもここんとこ寒いですしね。
この寒空で10分立ってると芯から冷えてきます。足の指痛い。

電話1本、メール1通で事足りる。
それこそ口酸っぱく彼女に言ってきました。


とある日。

待ち合わせ時間の30分程前に彼女からメールが。

そういや「早めに行って買い物する~」とか言ってたよな。
珍しいこともあるもんだ。洋服選んでて決まらないのかな?
まだ早いし、たまにはウマイ昼飯でも食べに行くかな~☆
な~んて、ちょっと微笑みつつ携帯を開きます。



【 受信メール 】 1通

【 タイトル 】 なし

【 本文 】 家出た


↑Σ(゚Д゚;!!!ハァ?

3文字のメールを初めてもらった瞬間です。
(彼女の昼飯おごりが決定しました)

ねぇ、秋は?

2007年11月17日 22:27

ハーフコート着るタイミングを逃した私です。
いきなり寒くなりすぎじゃね?なんですか10℃って。
朝っぱらから息が真っ白ですよ。

女性はね、ちょっと前からコート着てる人多くなったじゃないですか。
インナーで少し薄着して、コート&ブーツ。(←完璧私のストライクw)
コートが黒でスカートが白ならほぼ満点差し上げます。(誰に!?)

ところが男性のスーツの場合、どうしてもYシャツ+ネクタイが固定ですよね。
③ピースって手もあるんですが、変化に乏しい。
でも、1週間前まではコート羽織ると大げさだったんです。
「そろそろか?」って時期にこの寒さ。今年はハーフコートのビニール開けないな。
(↑クリーニング屋の袋のまんま)


(なんだか服装の話題で入るパターンが多いな・・・)


しかし1週間が早いですね。
「光陰矢のごとし」とは言ったもんです。
いつのまにか季節はすっかり冬ですよね。

私ね、結構暑がりなんですよ。
平均体温が非常に高い。(37.0℃近い)
んなわけで、夏場は一緒に寝ると非常に「うっとうしい」らしいです。
(↑彼女に素で言われました)

ところがここんとこの寒さ。
私の季節到来です。冬バンザイ!
だてに『人間湯たんぽ』とか言われてません。
ベッドに入って1分もすれば十分あったまりますから。


この時期はホントに重宝するよね~♪」 (←ちょっとムカツクw)

「お前は寒がりだからな~。」

「あったか~い。」

「・・・」 (←爆睡中)

「・・・」


はい。翌日見事に風邪ひきました。
起きたら寝汗びっしょり。悪い夢でも見たんじゃないの?ってくらい。

まだ早かったか・・・

気温が5℃になったら一緒に寝るようにします。
体温調節つまみが欲しいw

思惑

2007年11月10日 22:37

日常何気なく使ってる言葉でも、意味を知らないことってありますよね。
「TPOをわきまえて!」っていう上司がいますが、TPOって何だか言ってみな?とか
「あいつ確信犯だぜ~!」なんかもそう。確信犯って意味全然違うし。

そんなこんなで驚きました。
「FTTH」って聞いたことありませんか?
よくNTTが光ファイバー(Bフレッツ)の宣伝とかで使う言葉。
【今ならFTTH回線工事料無料!!!】などです。

この「FTTH」
「ファイバー・トゥ・ザ・ホーム」の略なんですって!奥さん知ってました!?
(↑知ってた人は黙ってるように。ほらそこ!バカとか言うなw)
なんか大したこと言ってねーな。とか思ったのは私だけではないはず。
だいたい「エフ・ティー・ティー・エイチ」の方が長くね?


先日マイク持って話す機会がありまして。
(↑決してカラオケではないw)
スピーカーから流れる自分の声が他人のように感じたのです。

いつも耳に聞こえてるのと違うんですよね。@自分の声
話しながら、「あぁ~、彼女にはこういう風に聞こえてるのかな?」なんて考えてました。
女性誌のアンケートなんかで『男性の声』に魅力を感じる人もいるくらいですからね。
ラジオやテレビのパーソナリティの声は確かによく響くし、聞きやすい。

んでね。
聞こえてくる私の声なんですが・・・

なんつーか、ヒドイんですよ。
音質が高いし、通りにくい。こりゃ聞きづらい。
思い込んでたものとの違いに戸惑ったのです。

声だけならいいですよ。自分のことだし、大して迷惑かけるわけじゃないし。
ところが、相手が絡むことで思い違いが出てくるとやっかいになってくるのです。


男は、恋愛してる相手との関係を「最も仲のいい時期」でインプットします。
別れた後に、しばらくしてメールしてくるバカがいるでしょ?
「どう?元気してる?」「ちょっと時間あったら話さない?」などなど。

彼女と相思相愛というシチュエーションが出来上がっちゃってるわけです。
もちろんそういう時期もあったんですがね。過去には。
基本的に美化された記憶しか残らないし、しかもなかなか消えないんですよ。
女性は反対に、「別れた」という事実で判断するので、想いはまず再燃しない。のか?w

話がややこしくなるのですが・・・

男はそうやって、『彼女にほかの男がいる』という影に怯えるわけです。
女性思考ができないので、彼女も昔の男を忘れられないのでは?となる。
今現在は誰もいなくても、過去の彼まで引っ張り出してくる。
そしてまた、過去の彼が、目の前の彼女を美化してることも知ってる。

独占欲の強いヤツほど、この傾向が強い気がします。
気持ちの大きさと、不安の大きさってのが比例してくる。
自分の中で感情のゲームが行われてるような感じ。


「女心と秋の空」

いやいや、心変わりは男だって負けてません(?)
思ってること、感じてること、期待してること、日々変わってます。
二人をつなぐ糸も、太くなったり細くなったり。

輪ゴムみたいなものですね。
気持ちが遠くなれば細くなり、近くなれば太くなり。
伸び縮みすることで変化が生まれ、気持ちもうつりかわる。


相手が離れそうになった時。
大切なのはゴムを緩める勇気・・・ですかね。

あばたもえくぼ

2007年11月09日 20:31

急に冷え込んできました。
いつの間にか秋が終わって冬の気配。
日本もだんだん四季って感覚が無くなりつつあるんでしょうかね。

この時期の会社員は辛いんですよ。服装が。
コート着るには早いし、スーツだけじゃ寒いし。しかも日中は結構暖かいので始末が悪い。
汗かいてコート着て風邪引いたらバカそのものです。

女性はハーフコートみたいの着てますよね~。いいなぁ~(絵的には残念だがw)
ま、薄手のコートでミニスカート&ブーツ(もちろんタイツなし)ってのも・・・
世の男性はそういう姿に癒されてるわけです。(変態言うなw)


男ってのは支配欲が強いですから、自分の彼女は自分の好みの服装にしたい。
一見無関心なのは、あんまり強硬に要求するとドン引きされるのが見えてるだけです。
髪の毛の感じとか、お化粧の雰囲気とか、上着は、スカートは、ブーツは・・・と
やっぱり自分の好きな格好があるわけです。

そんなことばっかり言ってられませんけどね(←あたりめーだろ!)
そういうこと言うヤツに限って自分がだらしない格好してたり。
「だったら買って~♪」ってセリフに凍りついたり


ところがね。
付き合いが始まって、二人が見事にハマっていくと心情変化があらわれません?
「相手が相手であればそれでいい。」 って感じ。

お腹が出てこようが、髪の毛が後退しようが、「彼」ならいいの~♪

二回りぐらい足が太くなろうが、毛糸の下着はこうが、「彼女」ならいいの~♪

っつー心理状況ですね。
相手の内面を理解することで、魅力の対象が容姿からうつり変わる。
多少のことなら気にならなくなるし、気にも留めなく・・・は言い過ぎかw


ここんとこ色々と気になってる私なのです。歳も歳ですしww
(↑何が?とか余計な詮索しないよーに!)

そんなことを彼女に打ち明けたら・・・

「別にアナタなら何でもいいよ~★」


う~ん。
嬉しくもあり、嬉しくなくもあり・・・まいっか。

キャベ2

2007年11月05日 20:16

いや~忙しいですね。
それはもうバカみたいに。
あんまり忙しいんでブログ書いちゃいますよ。(←現実逃避)

営業の宿命ですが、外出することがどうしても多くなります。
ホントにどうでもいいような書類を届けたり、絶対に契約にならない打合せをしたり。
明らかに相手のご機嫌伺いで立ち寄ったり、会社でサボると怒られるから喫茶店行ったり。
たまに息抜きで映画観に行ったり、おいしいラーメン屋情報の検証に行ったり。
マンガ喫茶の続きを読みに行ったり、彼女と出かけたり。

(行動の半分以上が打消しってどういうことだ?w)


そんなこんなで外出から戻ると、机の上にはその時間に溜まった書類が放置されてます。
しかも、FAXを受け取った人がバラバラに置いていくので何が何だか分かりません。
元々書類が山積みの上に、さらにFAX用紙がごちゃごちゃと・・・

・・・と、ここで机の画像でもUPしてやろうかと思ったのですが、デジカメが行方不明。
書類の下からノートパソコン出てきた。秘境みたいになってるぞ!?
あっ!探してた消しゴムこんなとこにあったわ~!


半日でもひどい時は100枚以上書類が積まれてますからね。
2日も会社に来ないとそれはもう悲惨なことに。
直行直帰も良し悪しなのです。もはや営業の特権とは言えん。

それにね、そろそろ忘年会の季節じゃないですか。
嫌でも参加しないとダメなイベント第一位みたいなもんです。
またミネラルウォーターの水割り作るハメになるんだなぁ。


この「忘年会」がクセモノでして。
彼女に逢う理由ってのは、たいてい取引先の飲み会ってのが多いんですよ。
普段、ほとんど飲み会なんてありませんから、実に都合のいい言い訳。
毎週だとしてもそれほど違和感ありません。

ところが!

この時期になると、極端に飲み会が増えてきます。
ヘタすると週に3回とか4回とかになってくる。
昔から 『 木は森に隠せ 』 っていいますけど、隠せないよ。あんまりだよ。

彼女に逢う日を飲み会にしたら、月~金まで飲み会になる可能性もある。
こうなると言い訳というより肝機能数値のほうがよっぽど心配です。
じゃあ飲まないか?って聞かれると飲むんですがね。アルコール万歳!

忘年会も突然決まったりしますから。
彼女との予定もかなりフレキシブルにしておかないと危ないんです。
やっぱり逢える時に逢うのが一番なんでしょうね。2日連続だろうが3日連続だろうが。
時間もそう。1時間だろうが30分だろうが。

「寝溜め」ができないように、「逢い溜め」もできない。

昨日逢ったから、今日逢いたくないなんて思わない。思ってほしくもない。
そんじゃ、限られた時間を作るとしますか。


・・・ところで、机の書類燃やすんでライター貸してくれません?w



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。