スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年初!

2008年05月29日 11:22

あれあれ、これで今月10本目ですよ。
今年初の二桁達成です!すごいね。えらいね。誰もいないね。うるせ!


せっかくですので、何かお祝いを・・・
(一応言わないとすぐ拗ねるからな。このガキが!)

いやいや、そんな大したことじゃありませんから~
(お祝いってお前本気で思ってんの?何か持ってきてから言えや!)

まぁまぁ、そうご謙遜なさらずに。
(ほんっとに大したことないよな。ヒマなだけだろ。)

いえ、ほんとにたまたまですのよ。 た・ま・た・ま
(まぁ、お前には一生かかっても無理だがな)

あら~、でもうらやましいわ~
(んなわけネーだろ。こいつまた調子乗るんだろうな。疲れるわ。)

奥様だって、その気になったらいつでもできますわよ。
(はいはい、アンタには無理。絶対無理。無駄。無茶。徒労。)

そんなことありませんって。すごいことですもの。
(あいにくそんなヒマ人じゃないんだわ。バカは気楽でいいよなぁ~)

そう言っていただけると嬉しいわぁ~
(そうだろそうだろ、いつまでたっても人の格差ってのは縮まらないんだよ。)


井戸端会議って、横で聞いててハラハラするときがあります。
いつ胸倉掴んで殴りかかるかとヒヤヒヤしますよ。
やさしい顔の裏には般若の顔が・・・
いい加減お互い気づいているとは思うんですけどね。言わないけど。
やっぱり近所付き合いってのは大切ですから。たとえ嫌々でもね。
何か事件が起きて、「あの人は~」なんて言われたらたまらんし。

ニコニコ笑顔の裏側ってのは目を背けたくなるような世界が広がって・・・ぞおっ!


ありゃ?なんの話だっけ?ま、いっか。

書こうとすることはポツポツあるんですけどね。
どうにも書き出すと脱線するクセがありまして。←ダメダメとか言うな
気づけばタイトル完全無視の記事になってる。


次あたりからちゃんと書きますので。
左手のリハビリだと思ってご容赦をば。

タイプ打つ速度がどんどん遅くなってる気がするけどw


ではでは、タイトル無視の締めくくりといきますか。



『 今日の記事で、くり返し言葉は何回出てきたでしょうか? 』

くり返し言葉 = ぼちぼち など  ←これ含まないで!ww
スポンサーサイト

苦悶

2008年05月28日 17:59

ようやく復活しました。
いや別に大したことはないんですがね。
(大したことないから記事になってるんですわ)


ちょっと指を落とし切っちゃいまして。
今さらですが、人差し指って使うのね。やたら。
左手だろうとおかまいなし。容赦なく脳は指令を出してる。
脳には怪我したって情報はあがってないのか?

んでまたタイプが打ちにくいこと!
すっごい高級な絆創膏(@200円くらいw)をしてたんですが、そいつがでっかいのです。

よくいるじゃないですか。
電車の座席が7人掛けってのをいいことに、6人掛けに無理くり尻を放り込んでくる人。
男ばっかりじゃ7人だとかなり厳しいんですよ。冬場なんて無理。
ま、若い女性のとなりなら無理にでも・・・うおっほん!

つーわけで、左人差し指の仕事範囲 (FGRTVB) の効率が非常に悪いのです。
Vなんざ使わないからいいとしても、T打つ時なんてRFGまで同時に押されますからね。
GにいたってはGFTVBって打たれちゃう。

前回、たかがあれだけの記事を書くのに30分近くかかりましたから。
(ま、その時間の8割近くは色指定で費やしたのだがw)


晴れて復活です☆

この絆創膏って5日くらいそのままなんですって。(不潔とか言うな)
身体から体液が沁み出して、それを洗い流すのが今までの治療方法なんですね。
ところが、その液体こそが治癒に必要らしく開発されたそうな。

あ、私ジョンソンアンドジョンソンの回し者じゃありません。
だって高いし、あんま衛生的じゃないし、はがれる恐怖あるし(もう買えん)、タイプしにくいし。


こ~れで彼女にも思う存分使え・・・


ん?左手って使わないか。(謎)

考えてみりゃ単純な動きなんだから、左手でもいいのか?(謎×2)

いやいや、単純ってこともないか。(謎×3)

だいいち、普通は中指使うのか?(謎×4)

状況によって、2本使ったとしても中指と薬指か。(謎×5)

そもそも、濡れた手をみんなどうしてるんだ?(謎×6)

乾くとサラサラだからそのままでいっか。(謎×7)


七不思議完成★


お後がよろしいよーで。

ほんの・・・小さな・・・

2008年05月21日 12:12

~とトルが曲に聞こえた方
かしいですよねぇ。

わけあって、今日は長文がませんので簡に。


ほんのさなことが、大きな影響をとがますよね。
目はとがなくも、想像以上のダメージをうけ

本人にしかわかないことって多いのです。

ささいな傷でも、相場に立って思いやってげるとが出来

一つのやさしさの姿なのではないでしょうか。




ピンクいよぅ~(ToT

果実

2008年05月17日 11:51

ここんとこほのぼのとした毎日を送っています。
言い方を変えれば変化のない日々ともいえますが。

気持ちが穏やかだと、どことなく仕事もうまく行くような気がするんですよね。
電車でお年寄りに席を譲ろうとか思いますし(←あたり前だろw)

彼女とも平和な日々を過ごしてます。
忙しいのは相変わらずですが、少ない時間を有効に使えてる。
二人の適度な距離感というのがようやく掴めてきた気がします。

片方が片方に依存する関係だと長続きしませんからね。
私としては、天秤に同じオモリを乗せたい。
どんなに重くても、それならちゃんとつり合うので。


ここんとこ達観したことがあります。

配偶者にないものを求める。
配偶者に欠けている部分を補う。

そんな風に不倫を捉えている話ってよく聞きます。
どうやらそれは違うのかもしれない。
不倫相手を配偶者の代わりにしてるなんて失礼ですよね。

奥さんは奥さん。
彼女は彼女。
まったくの別人で、比較することなんてできない。


私が彼女の過去の男に嫉妬する理由。

彼女が「実をつけた果物」だとします。
私は、誰かが育てた果物を今受け継いでいるわけです。
せっせと育てた実は甘く、かけがえのないものになっています。

非常に無駄な発想だとは思いますが、こんな風に思うのです。

「前にこの実を食べていた人も、さぞかし甘かったんだろうな。」

意味のない嫉妬の始まりです。
果実が甘ければ甘いほど、独占したくなる。そこに過去も未来もないんですね。
未来はなんとか防げる。いや防ぐ!ww ところが・・・
過去はどうしようもないんです。わかってるけど、頭と気持ちはうまく整合されない。
そこにshareという考えは微塵もありませんから。

彼女を絶対に手放したくないと思うのは、誰にもこの実を食べさせたくないという発想かもしれません。
彼女を失うことより、せっかく育てた果実を誰かがかっさらうのが嫌。
え?元々は他の誰かが育てたんだ? 知るか。前より格段に実は甘くなってるわ。


私自身、こういう発想になったことってほとんどありません。
「別れたくない」と思った女性はいましたが、「誰かにとられたくない」という考えはしなかった。
愛人囲う社長の本当の心理ってのが、この歳になってわかったのかも。
オリに閉じ込めるという発想はどうかと思いますが、この女を閉じ込めたい!と思われるのって!?


「あまおう」というイチゴがあります。
九州で開発されたブランドイチゴですね。そりゃもう高いこと。

ずっと「あまおう」食べてた人が、いきなり「女峰」とか「とちおとめ」とか食べれます?

おそらく味の差に愕然とするでしょう。
でも、「あまおう」だって同じイチゴです。品種改良という努力の賜物。
もしかしたら「とちおとめ」だって、改良を重ねれば品質が向上するかもしれない。
現在の技術ならおそらく可能なのでしょう。

私には改良を重ねて「あまおう」に達した彼女がいます。
製法特許ですw 誰にも渡さないし、獲られたくない。

万が一、百万が一、彼女が誰かに奪われたら。
「とちおとめ」を改良する気がおきません。それは絶対に「あまおう」にならないから。
目の前でなくしたものを、もう一度ゼロから作り直すのはあまりにも困難なんです。
別の甘いイチゴになる可能性もあるでしょうが、私はなにより「あまおう」がいい。

元々「とちおとめ」でいい人は「とよのか」でも「さちのか」でも「紅ほっぺ」でもいいんでしょう。
私は「あまおう」を知っている。それ以外は全部同じ。



願わくば、私が彼女にとっての「あまおう」になれる日が訪れますように

再犯②

2008年05月16日 12:20

気が向いたら・・・のはずでしたが、ちと続きとフォローを。

私は記事をあんまり見返しません。
自分で書いた言葉って、結構恥ずかしいものなので。
何度も読み返すと、全部消したくなっちゃう。(よくブログ書いてるなw)

続きものの読み物にしても、接続部分を考えるだけ。
小枠(造語:記事間のつながり)と大枠(最終的な整合)を合わせればあとは勢い。
一遍あたり15分を目安にして、時間で区切ってます。日々の記事もね。

記事にコメントをいただいたりして、自分の書いた内容が???となった時には読み返します。
なんせほとんど思いつきで書いてますから、あんまり覚えてないことも多く・・・
その度に、おや?と思うことも少なからず。(無責任発言だな・・・)

基本的に、誤字脱字があれば修正しますが、本文表現は変えません。
それを変えたら日記じゃなくなってしまうし、感性も日によって変わるので。

はい。
ここまで言い訳です。すみませんww


え~とね。昨日の記事なんですが。
どうも読み返すと、「とっかえひっかえ」よりも「一人にずっと」のヤツを美化してません?
そういうつもりはないのですが、そう読めるような・・・あ~あ。
時間切れで記事を切っちゃったので、中途半端になってます。

ま、どうせ「のべ100アクセス」程度じゃ気にもならんか。
もうい~いんだ。 (←部屋のすみでマンガ読みながら)

はい。
ここまでひねくれです。すみません。


ちょっと補足しますとね。
期間的な罪の重さ、という意味では「一人に~」の方が重いと思う。おもいとおもう?w

ただ、5年間で1人と付き合うのと、5年で5人付き合うのではどうなんでしょ。
私は5年で5人の方が、6人目を作ることに抵抗感が少ないのでは?と思うのです。

夫婦関係を継続するという前提なら、次の浮気が予見できるほうがタチが悪いと思いません?
「一人にずっと」付き合えるような相手がホイホイと出てくるわけがない。

浮気は麻薬と同じです。どちらも精紳に作用する。
これを断ち切るのは本人はもとより、配偶者側も少ない非を認めて関係を再構築するしかない。
芸能人のバカ息子が覚せ○剤をやめられないのは、本人だけを責めるからです。
あれ、親の方は責められた気になってませんから。自分も一緒に悲劇のヒロインになってる。

浮気をした人を徹底的に責めたら、同じ方向に逃げるに決まってる。

浮気をされた人が、「わたしには絶対に非が無い」と言い切れるのなら・・・

別れたほうが賢明だと思います。お互いにとって不利益でしかない。
罪逃れをしているわけじゃありません。ただ、10対0ってのは交通事故と同じ。ほとんどない。
でも、この場合の過失割合は9対1か8対2でしょうが。

ただの女好き、なら「とっかえひっかえ」しますよ。できないけどww
一人を求めるには、不倫とか浮気を超えた何かがあると思うのです。
それは単純じゃない。色んな要素が絡み合っている。

された相手からすると、そのあたりが一番気に入らないのでしょうね。
風俗なら許せるけど、そうやって感情移入しているのが嫌。
ならどうしてそんなことになったのか?考える余裕はないんでしょう。
もしくは思考を閉鎖して、あえて考えないようにしてるか。


翻って、男の側からみて自分の配偶者の浮気の証拠を掴んだら。

相手が既婚だろうと未婚だろうと、慰謝料がっちり請求して終わり。
言い訳は法廷で聞きます。

相手がこちらの証拠を持っていたら、プラマイゼロで終わり。
ま、この時点で二人の関係は破綻してますがね。

なんにしろ関係を継続するという選択肢はありません。
私は男性偏重者ではありませんが、こと浮気に関しては男より女の方がタチが悪い。
「入れる」と「入れられる」では意味合いがまったく違います。
この感性について議論する気はありません。


もちろん自身の反省もします。

至らぬ点についてあれこれ考えます。

多分後悔もします。



サインした後で。

再犯

2008年05月15日 11:28

ちっと重いテーマで書きます。
せっかく天気もいいのですが・・・w

私は男ですから、感じるのは男の感覚です。
男の感覚ってのもあいまいな言葉ですが、あくまで一般的にという意味で。
ですので、書かれていることも一般男性の個人的な見解です。


ここに不倫カップルがいるとします。
お互いの家庭がある。いわゆるWです。

とある日どちらか、とりあえず男性側としましょうか、配偶者にバレたとします。
携帯からでも、後を付けられたでも、バレた理由はこの際問わないとして。
ちなみに男性側には二つのパターンがあり、過去にも「とっかえひっかえ」女を変えてたパターンと、
「一人とずっと」付き合ってたパターンがあると仮定します。

この場合、配偶者は相手のどこに対して一番憤りを感じるのでしょうか。

女性的、男性的な部分で意見が大きく分かれそうです。
ま、バレたのが男性なので、精神的にはすでに大差がついてますが・・・

一番先に立つ感情は「裏切られた」だと思います。
自分の知らない間に、他の女性と付き合っていた。
精神的な打撃としては「一人にずっと」の方がダメージが大きいという意見が大半でしょうね。


私個人の意見としては、実は逆(とっかえひっかえ)の方がタチが悪いと思ってます。
(今日はこれだけで記事が終わっちゃう予感がする・・・)

見知らぬ男女が付き合うとき、最初から親密になるわけがありません。
まずは簡単な食事や、それこそ手をつなぐところから始まる。

これってね、男からしたら膨大なエネルギーを費やすんですよ。
相手の女性に気に入られるために、あれこれ考えて策をめぐらせて。
気に入った相手はやっぱり抱きたいと思いますから、それこそ真剣に考えます。
ベッドに入ることがゴールになってる人が「とっかえひっかえ」の人。

結果、たいして長続きしなくて次の相手を探し始める。
じゃあ長続きしないというのはどういうことか?

関係を維持する力がないんですよね。早く言えば飽きっぽい。
もしくは忍耐力が欠けている。自分の欠点は棚に上げるが、相手は許せないとか。

このパターンの男は絶対に再犯します。
だって更生の余地がないでしょ。常に刺激を追い続けてる。
何人も女性を取り替えられるほどの話術があるなら、バレても上手に言い訳するだろうし。
コトと次第によっては涙だって流せるでしょう。


ところが、一人の女性にずっとかかりきりになってた男にはそれがない。

相手に合わせて関係を構築していけるわけです。
ケンカしても仲直りの方法を探すし、相手の嫌な部分も許容する。
そうこうしているうちに、別の相手を探すのが面倒になってくるんです。

だから余計に今の彼女を守りたがる。
なるべく二人が一緒にいられるように考えるわけです。

この時点でバレたとして、さぁ!じゃあ次行くか!ってなるか?なりません。
二人の関係に慣れてしまっていて、とてもじゃないけど新しいエネルギーが湧いてこない。
当分の間は、別れた女性の思い出に浸るってのがせいぜいでしょう。


過去に対するショックの重さを第一に考えますか?

それとも、未来に浮気を繰り返す可能性を考えますか?


どちらも許せない!なんて話してませんからね。
私なら、確実にまた浮気するとわかってるほうが許せません。

緑の紙にサインする気なら話は別ですが。
だってその場合は未来が無いんだし。


気が向いたら続きを書きます。

光線銃

2008年05月13日 10:10

いや~なんなんですかね。

5月半ばってこんなに寒かったでしたっけ?
先週あたり上着脱いでいた記憶もありますが?

「GWはお天気に恵まれるでしょう☆」とか言ってませんでした? @天気予報
つくづく気象庁入ればよかったと思う今日この頃です。 ←入れてくれません
スプリングコートをクリーニングに出しちゃった人は涙目だなww

ま、当らない天気予報にボヤいても仕方ありません。
自分でしっかり準備しておけばいいんですから。 あ、傘忘れた。
しかも台風。ナメてんのか!?


先日のこと。
彼女と、とあるお店でご飯を食べていたときのことです。
わりと混雑するお店なので、肩を寄せ合うようにしてカウンターに座っていました。
(この店は荷物置き場がないのでちとツラい)

店には仕事帰りのサラリーマンや、若いカップル、中には女性の二人連れなど。
お気に入りのメニューをそれぞれ頼んで、食べ始めたとき・・・


ヤツらは現れた。 ←ゴキ○リではないw 複数形なんてイヤ過ぎる!


もうね。歳も歳だしだんだんと目が肥えてくるじゃないですか。
別に本人に確認したわけじゃありませんが、相当の自身を持って断言できる。

「お前らフツーのカップルじゃねーだろ」

どんなに隠そうとしても、不倫オーラって出ちゃうんでしょうね。
年齢の問題じゃない。二人独特の距離感っていうか、目線というか。
自分らはあれほどじゃねーだろ!?と思っても、第三者から見ると違うのかもしれん。

そしたらね。その二人。
別にイチャイチャしてるわけじゃありません。
ベタベタくっついてるわけでもない。
むしろカップルとしては、おとなしいくらい。
でも、ものすごい違和感があって、しばらく二人に釘付けになりました。

違和感。それは・・・「彼女のビームがハンパじゃない」ってこと。

彼女が彼を見つめる目ってのが凄い。もうね、凄い。
熱視線っていうのはあのことです。って言われたら「へぇ~」ボタン20回押す。
視線に熱量というものがあったら、間違いなく全身火傷でしょう。

例えばね、普通に話をするときにはあんまり視線を合わせない。
ところが、彼が料理に手をつけようとした瞬間の彼の横顔を見つめる目。
注文した料理が運ばれて、それを受け取る彼の手を見つめる目。
すべてがラブオーラ(?)に包まれてるんですよ。ピンクのはぁと見えたわw

「ありゃWじゃねぇな。」と感じた瞬間でもあります。
オーラの量が多すぎる。もうゾッコン(死語w)って感じ。大した男でもねーのに(ひがみ)

これで女性がブサ○クだったなら、まだ溜飲も下がるのですが。
これまたそれなりに美人ときてる。こりゃ新手の惚れ薬か?それ頼むから売ってくれ!


人生の中で、あんな風に女性に見つめられることがあったらどんなに嬉しいか。
それがまたどんなにあり得ないことかwwうるせ
それを望む男のどんなに多いことかwwはいすみません


んで、ちょっと試しに料理を食べる瞬間に、スッと彼女の方を見てみると・・・



モグモグモグ・・・幸せそうに料理をほおばる彼女がいましたとさ。
本人曰く、「欲求には勝てない」そうです。

それはそれで癒されるんだけどね~★

初挑戦②

2008年05月10日 12:45

へぇ~。また一つ勉強になったわ~
トラックバックって結局リンク貼らなきゃいけないんですね。
相手側にはわかるけど、こっちからはわからん・・・言われてみりゃ確かに。

トラバの承認なんて作業があることすら知りませんでしたからね。
まったく、何年ブログ書いてんだ!って話ですよ。 ←もうすぐ4年です


またグダグダになりそうなので、さっそく本題いきましょ。

女性が 「複数の異性と関係を持つ浮気」 についてはシロでしたね。
見方を変えれば非常に便利な相手ってことですから。
相手がそれをしてるとわかったら、気づかぬフリして体だけ付き合えばいいだけ。

一晩だけの関係ってこともままあると思うんですよ。
まぁ事故みたいなもんですね。行きずりの街みたいな。

女性にしても、本気で付き合おうと思ってる相手にいきなり体は開かんでしょ。
大切な相手だからこそ、関係を大事にしたいと思うんじゃないでしょうか。軽く見られたくないし。

それについては男も同じです。
出会ったその日にSEXして、運命の出会い♪なんて脳天気はいません。
だって、相手の女性は見知らぬ男にホイホイ股を開くんですからね。
うまいこと言って、そういう「お友達」を目指すのが普通でしょう。

そうすると、二人のSEXにはあまり感情が入らない。
よく言えばドライ。悪く言えば・・・以下略


ところが、これが二度目のSEXとなると話が変わる。
相手を嫌いか、今の彼を失いたくないなら会うことはないはず。
10点満点で5点以上だからもう一度会うんですよね。

すると、二度目以降は少なからず感情が入ってくる。
2回抱いた(抱かれた)相手のことって忘れなくないですか?
1回だけだとキレイサッパリ忘れちゃうのにw


例えば彼とケンカしたとします。

駅で大泣き。「もういいわよ!」って走って逃げてきちゃった。
勢いで走り出しちゃったけど、行くあても無い。
彼からのメールでもあれば・・・と思うけど、それも無い。

駅前をフラフラしてたら声を掛けられた。
彼へのあてつけもあったし、なにより一人でいるのが淋しかった。
どうでもいい話をすることで、自分をごまかし続けている。
2、3時間一緒に飲んで、そのまま勢いでホテルへ・・・


とまぁ、この場合ですよ。
朝、ラブホテルで目を覚ましたら現実に引き戻されません?
「あちゃ~」って思って、何事もなく家に帰って。
自分の負い目もあって彼に連絡して、はい一件落着。
一夜限りの男からはメールが来るけど無視。

↑これなら許せる。1200歩ぐらい譲ってるけどな。

だがしかし!
そのあとも男と会うようなら、こちらも他の女性行きの切符を手に入れたわけで。
こちらに別の相手ができれば、その男にも嫉妬しなくなる。以後は「大人のお友達関係」成立です。

私としては、二度目のSEXがあった時点でクロ。
あくまで自分と付き合ってる最中に。ですよ。
でもここがグレーなんだわ・・・付き合ったと言えない時点での相手っつーのがいる。

いまだにかなりムカついてはいるんですがね(何が?w)
ま、少なくとも5年はイヤミ言い続けますよ。 ←やなヤローだなw


さて。
「一人の相手と長年関係を継続する浮気」 ですが。

こんなの論外。ありえん。自分のバカさに目も当てられん。
気づかないほうがどうかしてると思う。しっかり相手に目が向いてない証拠を突きつけられたってこと。

彼女がもし、私と同時進行および同レベルで他の男と付き合っているとしたら・・・
完敗です。ぐぅの音もでない。白旗あげますよ。彼女は「劇団ひま○り」入れると思う。
怒る気もせん。むしろ感謝するかもしれない。「いい夢ありがとう☆」って。

だってこうなっちゃったら絶対に元に戻らないでしょ。
たとえもう一方を切っても、異性のいなくなった隙間は異性でしか埋められない。
それは決して私じゃない。ほどなく別の異性が隙間を埋めるんです。
知ってしまったら、残りの時間を楽しく過ごします。
悲しいし、淋しいことではありますが。


強引にまとめますとw

① 「複数の異性と関係を持つ浮気」 → SEXが一度までならかろうじてシロ

② 「二度以上のSEXがある浮気」 → クロ

③ それが続いて「長年関係を継続する浮気」 → 白旗

許せないのは②だけですね。
長年の定義は私としては半年ってとこでしょうか。

許せない。というのは、許せる可能性があるから出てくる言葉。
同じ事を相手がしたら嫌だな。と本気で思ってくれるならいいのですが。

③は許すも許せないもない。長期で他の異性が棲んだ心はもう変わらないから。
あきらめて、受け入れるしか関係を継続できない。


わかっていることが一つだけ。

「惚れたほうの負け」 です。
だから私も彼女を責めきれないんだよな~

初挑戦①

2008年05月09日 20:55

うむぅ。
初めてトラックバックなるものをしてみたのですが・・・これでいいのか?

そういや以前にも挑戦して挫折してるんだよな~ @トラバ
新しくて、複雑なことが面倒で仕方ない年頃なのですよ。

そこ!・・・言いたいことはわかってるから黙ってるように!


コホン。
え~と、肝心のトラバの話ですがね。


《以下引用》

何人もの異性と関係を持つ浮気 と

一人の相手と長年関係を継続する浮気 では

どちらが許し難いんだろうかね

どっちも許せん なんて当然の良識的意見は この際蚊帳の外にして。

配偶者や恋人を裏切っているという意味では どちらも同じ罪だろうが。

なんとなーく 感覚的にだけれども

男性は 前者だという人のほうが割合が高く

女性は 後者だという人のほうが多いような

《引用終わり》

っつーか、引用してる時点でトラバの意味なくね!?w



せっかく男が書いてるブログですから男性に偏った意見をば。

まず前者(複数の男性と・・・)ですが、私は最初からそういう人相手にしませんので。
はい終わり・・・では能が無いのでちゃんと書きます。


複数の男性を掛け持ちする女性。
ほんとにわずかですが、当たったことがないわけじゃありません。
もっとも、最初から知っていたわけでもありませんが。

これは完全にオーラ出ますからね。
言葉や行動の端々に別の男の臭いがするんです。
自分が磨いてもいない石が急に光りだしたら?

相手に自分をよく見せようとするには、2通りあると思うんです。

「長所を伸ばす」 ことと 「短所を無くす」 という方法。

概ね、女性は「長所を伸ばす」ほうに、男性は「短所を無くそうとする」ほうに偏る気がします。
女性はおしゃれに気を使ったり、丈の短いスカート履いたり。
男はなるべくダサく見られないように気をつけたり、自分のフィールドを守ったり。

一定期間を過ぎると、どちらも適当になって肩の荷が下りてきて、付き合いが楽になる。
このモードに入ると、女性は「長所が伸びなく」なり、男性は「短所が目立つ」ようになる。

だから、他の異性が出たかな?ってときは、女性は長所を、男性は短所を見ればいい。
少なくとも二股以上をかけようとするとき、他の男に会うときにはおしゃれをするけど、付き合ってる相手にはしない。なんて女性がいますかね。
二人が結婚していればいくらでもある事例ですがww


防衛本能ってのがありまして、二股以上かけてる女性に対しては、男性は依存度が低くなる。
いつでも乗り換えられる状態にしておくわけですね。もしくは同時進行を目指す。

いつ相手から別れを切り出されてもいいように心の準備ができちゃう。

嫉妬感ってのは男を惹きつける重要な要素ですが、これがないと魅力がガタ落ちする。
それでもこっちから別れ話なんて絶対にしませんよ。だってもったいないじゃないですか。
誰もが黙ってSEXできる女性を切り捨てるほどの慈善心は持ってません。

「アイツ便利な男で~」なんて言ってる女性が、実は「便利な女になってる」なんてよくある話。
それをいかに気づかせないか。そこが肝。


そんなことないよ~!という女性がいらっしゃったら・・・


ま、それはそれ。
「恋愛の深さ」という尺度は人それぞれですからね。

私は、相手の心まで欲しいと思う人なので。男なんて独占欲のかたまりです。
自分勝手なんて百も承知。だって心がいらないなら風俗行けばいいんだもん。行かないけどw

私は見えない彼女の男の影にいつも怯えてます。鏡に映る自分というリアルな例もあるわけで。
でもこの嫉妬感があるからこそ、気持ちをずっと彼女に向けられるんです。
一人の人間をずっと自分に向かせ続けるってのは楽なことじゃありません。


つーわけで、「複数の異性と関係を持つ浮気」 に関してはシロ。
それをクロとすると、男の方も見事にクロの場合がほとんどだから。

ただし、SEXは一度まで。
二度目があると見解が変わります。
「複数」 と 「一人」 の中間ってのがあるんですわ。


うわっ!なげーな。
この辺で次回にしましょ。

121日経過

2008年05月01日 22:49

あ~あ。
あっという間に4月も終わっちゃいましたね。
これで2008年も3分の1が終わり。

最近は、どうも時間を追えなくなってるようです。

時間に追われる日々。
仕事も、プライベートも対処療法で凌いでる。
ま、いわゆる後手後手ってヤツですね。

こういう局面に入ると、全体的な能率が下がるばかりか、モチベーションまで落ちてくる。
私は不幸が不幸を呼ぶと考えてますので、デフレスパイラルを招く状況が出来つつあるのです。

しっかし、うまくいかない事が多いんだよなぁ。
忘れ物は多いし、時間の読みは外れるし、細かなミスを繰り返すし。


なかなか思考が前向きになりません。
切り替えようと思うと、次々に邪魔をされる。
彼女のことは何とか発想転換が効きましたけどね。

知らないことは無理に知る必要もない。
余計な詮索をするよりも、まずは相手を信じることが必要でした。
終わってしまった事を悔いても意味はありません。

「及ばざるは過ぎたるより勝れり」 ですね。

腕を支えてくれる彼女に感謝してます。


気持ちだけでも時間を追えるように。
このGWは彼女に逢えない分、気持ちの反転を心がけます。



まずは、時間に追われまくってるこのブログを何とかせねば!

・・・あ、明後日から当分休みか。来月からにすっかな



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。