スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引き際

2009年07月27日 22:06

引き際。

大切ですよね。
相手への思いやりだとも言える。
自己中心な考えの延長とも。

押すばかりが全てじゃない。
それでいいと思ってるのは自分だけだから。


相手のことを思えばこそ。


時に、引くことも大切なんじゃないだろうか。
もしかしたらずっと前から彼女はそれを望んでいたのかもしれない。

言いだせないこと。
言ってはいけないと思ってること。
気づかなかった本当の気持ち。


私は、押していくものだとばかり思っていました。
それが実は自分のことだけ考えてるなんて思いもしなかった。
相手のことを考えるなんて口ではいいながら・・・

ずっと長いこと私は勘違いをしていたんだろう。
彼女のためだとばかり思っていたことが、実は正反対だったとは。
今思えば考える時間も、やり直す時間もたくさんあった。


いまさら遅いかもしれない。
二人にとって形はすでに決まっているから。


でも・・・




え~と、グダグダ書いてますが。
つまりエッチの話なんですがね。

この間、彼女の反応を見ていて思ったのです。

ん?
もしかして・・・

押し込んでるより、抜こうとする方が感じてるのか?と。
いわゆるストロークを引く方ですね。
言い換えると、先端を引っかける方ですよ。(←言い換える必要なし)

ま、形状は基本的に積み木の家ですからね。
(↑ご想像の通りです)

戻る時(バックストローク時)に屋根の部分が内部を引っかくわけですよ。
押し込む時には基本的に抵抗が少ない形状なわけです。

つーわけで。
引き方にもよるのですが、上壁でも下壁でも(←相手によるかも)どちらかに抵抗を加えながら引く。
そうすると、引っかかりが大きくなって「えぐる」感じになるわけです。
この時に、あんまり速度を上げない方がいいらしい。多分。

ガンガン押すってイメージの男って多いと思うんですよ。
男としては確かにそれでいいんですがね。
女性にとっては、正直何が何だかわからなくなっちゃってるんじゃないかと。
直接の刺激より、イメージの世界に逃げ込まれてるかも。


速さだけじゃもちろんダメ。

時間だけでももちろんダメ。

一番大切なのは、お互いの呼吸ですかね。


う~ん。
まだまだ修行が足りませんな。

スポンサーサイト

原動力

2009年07月13日 21:01

暑い日が続きますね。
これでゲリラ豪雨でもくりゃ、梅雨も終わりです。

ようやくビショ濡れ地獄も終わりですよ。
スーツで出かける会社員にとって、雨はまさに地獄ですから。

別に濡れるのは構わないんです。問題はそのあと。
スーツはクリーニングでいいとして、靴が大変!
家に戻って新聞紙つめて、タオルでくるんで。それでも形が崩れちゃう。
この季節は人柱ならぬ「靴柱」が必要になるんですよ。
(↑最も古い靴が雨の日専用となり尊い犠牲となる)


彼女とも相合傘・・・っていう歳でもないので微妙な距離感。
男物の傘って大きいので、彼女と二人並ぶと歩道を占領しちゃう。
だいたい、相合傘って両方濡れますからね。最近の雨は特に。

私たちは会う日にあんまり雨が降らないんです。
(雨の日は前日に中止するという噂もあるが)
そういや、途中から降り出すってことも記憶にないな・・・



男ってのは自分の意思を女性に伝えるのが苦手。
最近の若者(←おっさん発言)はどうか知りませんが。

女性にとって背中を押してもらいたい瞬間がわかっていても、どうしてもね。
「明日雨っぽいけど、どうする?」なんてメールをしちゃう。

必然的に彼女は、「どうしよっか。」

私の思いも、彼女の思いもメールに乗ってない。
それがわかっていても、心と反対のメールを打ち続ける。
別に意地を張ってるわけじゃないんだけど・・・


会いたいか、会いたくないか。
そりゃ会いたいですよ。毎日でも。

それができないということが、良くも悪くもこの恋愛の最大のポイント。
相手のことを必要以上に考えてしまうことも多い。
ま、その良し悪しについては、ここに来て下さる人達はよくおわかりのはず。


私は相手の気持ちの量を感じて、自分の原動力にする。
彼女に会いたいと言われれば、それが嬉しさになって自分の気持ちになる。
たとえ言葉になっていなくても、つないだ手から、重ねた体からそれが感じられればいい。

どっちかっていうと女性的なのかもしれません。

どうでもいいような相手なら強気に押し込めるんですけどね。
長く付き合いたいと思った人ほど押しが弱い。
それが裏目に出ることの多いこと!w


今週は水曜あたりから雨の予報。

さて、どうしたもんでしょう・・・

2009年07月11日 13:45

携帯の振動が伝わってくる。


またもや予感、というか確信がありました。

時間は10時50分。
彼女が出かけるのにちょうどいい時間。
「今から向かうね。」という内容だとしても不思議じゃない。


それでも私には自信があった。

今日は仕事の予定で正解。という自信が。


携帯を開いてメールを確認。

『今日なんだか具合が悪いの。ごめんね。』



・・・やっぱりな。

この手の予感を私はあまりハズしたことがありません。
自分にとって不利益だったり不都合なほど、当たる確率が高い気がする。

彼女にメールを返信します。
「具合悪いなら無理しなくていいよ。こっちもちょうど仕事入っちゃったから。」

何回かのメールのやり取りがあって、その日は会わないことになりました。
確かに仕事はバタバタだったし、彼女も調子悪かったんでしょう。

もし、仕事の予定を入れてなかったら、半日無駄になったはず。
それはつまり、私の中で彼女を責める気持ちが生まれたことを意味する。
「来れない」というメールの後に、余計な言葉を書いたかもしれない。

仕事を入れちゃったという負い目が自分にあることで、彼女を責めずにすんだ。
彼女にしても、相手の仕事が大変なら少しは気が紛れたはず。

どれもこれもが自分に都合のいい解釈なんですけどね。




嘘って2通りあるじゃないですか。


 相手のためを思う嘘と

 自分のためを思う嘘


この場合、どちらなんでしょうね。

年月を重ねた二人だからこそ、言えることと言えないことがある。
それは多分、この先もずっと言えないんだろう。

だから二人がダメなんじゃない。
そうやって相手のことを考えたり、思いやったりするから価値があると思う。


 お互いのためを思う嘘


そんな嘘も時にはあるのかもしれない。

やっべぇ

2009年07月09日 21:49

ありゃ~

広告出ちゃってるじゃないですか。頼んでもないのに。
困った困った。これって1か月書かないとだっけ?

月日のたつのは早いもので。
最終更新が5月29日ですって。6月の記事「0」ですか。はぁ~

書く「気」はあるんだけどな~
(↑売れない作家の常套句)



この間のこと。

彼女との近況はあまり変わってないのですが、社内の状況がガラッと変わりまして。
そのダメージを引きずっていたのですが、ようやく落ち着いてきたのです。

ここんとこゆっくり過ごせなかったので、久々に長めの時間を設定。
ついでに少し寝不足も解消できるかな?なんて企んでました。


ところが。


予感ってあるじゃないですか。
悪い予感と良い予感。

なぜか悪い予感ばかりが当たりませんか?


約束の前日。
明日の予定をやりくりしていた時のことです。

『う~ん。』

なんだか違和感があるんです。
具体的には言えないんだけど、いや~な感じがする。

明日の予定を別の日にずらすことは出来る。
でもね、なんだかささやくんですよ。私のゴーストが。


「明日は彼女は来ないよ。」

「予定は変更しないほうがいいよ。」

「そのほうが傷つかないよ。」


天使と悪魔じゃありませんが、自分の中で格闘しました。
どっちが天使か?そりゃ言えませんがね。

アポイントを当日変更するのはビジネスマナー違反です。
彼氏彼女ならともかく(限度はあるけど)、仕事ならなんとしても避けたい。
ここで翌日のアポを変更しないでいたら、彼女のほうを大幅に遅らせなきゃいけない。
うたた寝どころじゃありません。会うことすら難しくなる。

彼女からしてみたらドタキャンですよ。
一歩間違えれば機嫌を損ねるどころじゃ済まないかもしれない。


(2分くらい)悩みに悩んで結論を出しました。


結論としては・・・


仕事の予定満載にしました。
もうね、絶対に会えないってくらい。
サイテーとか言えばいいよ。だって半日って大きいんだもん。


彼女との約束の時間は午後1時。
逆算するとタイムリミットは11時。

11時までに動きが無いと逃げ場がない。
午後一番のアポイントもある。


すっごく逢いたいけど、断られるのを待ってる。
断ってほしいのか、来てほしいのか。

来てくれれば彼女を裏切ることになる。


こうやって書いてみると、なんて自分勝手なんですかね。



翌日。

10時50分に携帯が振動した。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。