スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沸点

2008年02月29日 12:20

もう2月も終わりですね。
明日からは3月ですよ。ひな祭りで酒が飲めるぞ~!
振り返った時間は本当に早いものです。


さて、回りくどい話でもしますか。(いつもとか言うな!)


水の沸点は100℃ですが、これは1気圧下での話。
沸点は気圧によって変わってしまうんですよね。
私は化学とか物理とかサッパリなので、この辺でやめときますw

恋愛の度合いを水の沸騰にたとえてみます。
最初はなんてこともない関係(ただの水)が、徐々に温められて熱くなってくる。
水の温度は20℃から40℃へ、60℃、80℃、さらに沸騰に向けて温度を上げる。
上がるばかりじゃありません。もちろん下がることもある。
常に温度は変化し続けるんです。時には0℃以下となって氷になることも。


私の主観ですが・・・
恋愛と水が決定的に違うのは、恋愛は100℃までいくことがまずありません。
いくら本人が100℃だと言い張っても、せいぜい90℃近辺だと思う。
100℃じゃ自分も大火傷しちゃいますし。相手も困ることになる。
ま、全身全霊を賭して、相手に奉仕できるってのは一部宗教の狂信者だけですから。

90℃以上になると、保温にも維持費がかかるしね。ポット参照ww
かと言って60℃以下じゃミルクも作れない。
誰もが、60℃から90℃の間で関係を作っているのでしょう。

でも、世の中にはですね。
ウソをついて、相手の関心を引いたりする人ってのもいるんです。
不倫関係でよく出てくるパターンとして、「すぐに離婚するから。」なんて常套句もその一つ。
絶対とはいいませんが、ほとんどありえない話なわけです。
ところが、言われた相手はそれを信じ込んじゃう。 なぜ?
そりゃ、自分の水の温度を上げすぎなんです。周囲が見えないほどに。


ところが。

そういう小手先のことじゃなく、本当に沸点を変えられる人も存在する。
相手の温度に合わせて自分の温度を変えるんじゃなく、気圧そのものを変えてしまう。

相手が90℃を要求していたとしますね。 ←男には多いパターンw 「オレの女!」的発想

気圧を変えれば、自分が60℃でも90℃に沸いてるように見える。
相手(男)にしてみりゃ、見た目は90℃ですから不満は無い。
本当はもっと冷めてるのでは?まで考えない。考えたくもないだろうけど。

本当に温度が上がっているのか?
気圧が変化しただけで温度は変わっていないのか?
見極めることは難しい。もしかしたら本人も無意識にやってる可能性もある。


私は男よりも女性の方が温度変化の波が大きいような気がします。
だから男は急激な変化に対応できない。

「気づかない」 んじゃなくて 「気づくころには遅い」 って感じ。

それを踏まえた上で、あえて「気づかせない」って女性がいたら・・・

付き合ってる男は幸せでしょうね。
女性が自分のだけのものになっている感覚を、ずっと持ち続けられるわけですから。
しかもおそらく最後まで、気づくことはないでしょう。
夢の中で、それを夢だと自覚できないように。


その女性と別れて、次の女性と付き合った時。
初めてその価値に気づくのかもしれません。


やっぱり男は 「気づくころには遅い」 んだなぁ~

なんて思う今日この頃です。

スポンサーサイト


コメント

  1. ゆき | URL | -

    お久しぶりです。

    (-ω-*)ウンウンとうなずきながら、読んでました。
    心に染み渡ります。
    私はどこでボタンを掛け違ったのでしょう・・・
    一人悩む今日この頃…
    それにしても2月ゎ本当にあっという間に過ぎてしまぃました。
    こんなに早いと…また年をとるぢゃねーか( ゚ρ゚ )アゥー

  2. 紗樹 | URL | mxAgoj52

    気圧の変化で沸点が変わる それを恋愛に置き換えるという視点は おわわさんらしいですね。

    一応 「紗樹」のイメージから膨らませて書かれた記事と思っていいのかな・・?
    「彼が紗樹さんを離さない理由」なんてものがもしあるなら それは
    「私が彼を離さない理由」と 同等のものなんでしょう。。

    「気づかせない」 「見せかけ」というのは 裏を返せば
    「気づかせまいとしているのをわかっている」 「見て見ぬふりをする」相手がいてこそ
    成り立つのですわ。

    お互いに「相手が自分だけのものだと」思っていますもの^^
    信じさせてもらってますし 信じてもらえてる。

    >その女性と別れて、次の女性と付き合った時。
    >初めてその価値に気づくのかもしれません。
    いや これはダメ。 後で気づかれても xxxxx

    そもそも「次の男」「次の女」って 発想がありえませんって。。
    たぶん ふたりの世界では気圧がぐぅ~~~んと下がって
    ふたりして沸点近いんだと思われ・・(笑)
    あらら、、、余所でこんなに惚気させて頂いたこと初めてですw
     

  3. おわわ | URL | -

    【ゆきさん】
    お元気そう、というよりお忙しそうで何よりですw
    ホントに2月はあっという間でしたね。うるう年を感じてるヒマがなかった。
    今月も早そうだなぁ。年度末ってのは無駄に忙しいから。

    ゆきさんはボタンを掛け違ったんですかね?
    勝手なことを言いますが、私はそうは思わないんですよ。
    そりゃ、目先の数年を追うならあのままが良かったと思う。
    でも、振り返ってそこに何が残るか?失うものの方があまりにも多い。

    運命の出会いなんてないんですよ。
    それは自分でコントロールしていかないと。
    ゆきさんは元気なほうが似合ってますよ☆

    【紗樹さん】
    ひっさしぶりにコメントさせてもらいました。
    いや~、見事に惚気ていただきまして。。。 こちそうさまですww

    >お互いに「相手が自分だけのものだと」思っていますもの^^
    >信じさせてもらってますし 信じてもらえてる。

    私としては、相手を信じられないからこそ不安になる。
    不安になるからこそ、確かめたくなる。
    確かめたくなるからこそ、会いたくなる。 って三段論法が成り立ってるんです。

    だから私は彼女のことを完全に信用していないし、彼女もまたしかりだと思う。
    でもね、それでいいと思うんですよ。そのほうが辛いけど楽しい。
    一旦温度が下がるからこそ、上がった時の嬉しさもある。
    たまに風邪ひくから、健康のありがたみがわかる感じ?ちと違うなw

    いつもは別れてから価値に気づく私ですがね。
    どうやら今回はちゃんと相手の価値をわかってるらしい。(←他人事だなw)
    大事な大事な彼女ですから。

    ありゃ、コメントの返事も惚気に・・・w

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://setogiri156.blog55.fc2.com/tb.php/359-2dcbde1e
この記事へのトラックバック

サーモスタット

お風呂のお湯の温度は何度に設定してますか? 美味しいお茶の淹れ方は何度くらいだったっけ? てんぷら油の温度は? さて つきあ...




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。