スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初挑戦①

2008年05月09日 20:55

うむぅ。
初めてトラックバックなるものをしてみたのですが・・・これでいいのか?

そういや以前にも挑戦して挫折してるんだよな~ @トラバ
新しくて、複雑なことが面倒で仕方ない年頃なのですよ。

そこ!・・・言いたいことはわかってるから黙ってるように!


コホン。
え~と、肝心のトラバの話ですがね。


《以下引用》

何人もの異性と関係を持つ浮気 と

一人の相手と長年関係を継続する浮気 では

どちらが許し難いんだろうかね

どっちも許せん なんて当然の良識的意見は この際蚊帳の外にして。

配偶者や恋人を裏切っているという意味では どちらも同じ罪だろうが。

なんとなーく 感覚的にだけれども

男性は 前者だという人のほうが割合が高く

女性は 後者だという人のほうが多いような

《引用終わり》

っつーか、引用してる時点でトラバの意味なくね!?w



せっかく男が書いてるブログですから男性に偏った意見をば。

まず前者(複数の男性と・・・)ですが、私は最初からそういう人相手にしませんので。
はい終わり・・・では能が無いのでちゃんと書きます。


複数の男性を掛け持ちする女性。
ほんとにわずかですが、当たったことがないわけじゃありません。
もっとも、最初から知っていたわけでもありませんが。

これは完全にオーラ出ますからね。
言葉や行動の端々に別の男の臭いがするんです。
自分が磨いてもいない石が急に光りだしたら?

相手に自分をよく見せようとするには、2通りあると思うんです。

「長所を伸ばす」 ことと 「短所を無くす」 という方法。

概ね、女性は「長所を伸ばす」ほうに、男性は「短所を無くそうとする」ほうに偏る気がします。
女性はおしゃれに気を使ったり、丈の短いスカート履いたり。
男はなるべくダサく見られないように気をつけたり、自分のフィールドを守ったり。

一定期間を過ぎると、どちらも適当になって肩の荷が下りてきて、付き合いが楽になる。
このモードに入ると、女性は「長所が伸びなく」なり、男性は「短所が目立つ」ようになる。

だから、他の異性が出たかな?ってときは、女性は長所を、男性は短所を見ればいい。
少なくとも二股以上をかけようとするとき、他の男に会うときにはおしゃれをするけど、付き合ってる相手にはしない。なんて女性がいますかね。
二人が結婚していればいくらでもある事例ですがww


防衛本能ってのがありまして、二股以上かけてる女性に対しては、男性は依存度が低くなる。
いつでも乗り換えられる状態にしておくわけですね。もしくは同時進行を目指す。

いつ相手から別れを切り出されてもいいように心の準備ができちゃう。

嫉妬感ってのは男を惹きつける重要な要素ですが、これがないと魅力がガタ落ちする。
それでもこっちから別れ話なんて絶対にしませんよ。だってもったいないじゃないですか。
誰もが黙ってSEXできる女性を切り捨てるほどの慈善心は持ってません。

「アイツ便利な男で~」なんて言ってる女性が、実は「便利な女になってる」なんてよくある話。
それをいかに気づかせないか。そこが肝。


そんなことないよ~!という女性がいらっしゃったら・・・


ま、それはそれ。
「恋愛の深さ」という尺度は人それぞれですからね。

私は、相手の心まで欲しいと思う人なので。男なんて独占欲のかたまりです。
自分勝手なんて百も承知。だって心がいらないなら風俗行けばいいんだもん。行かないけどw

私は見えない彼女の男の影にいつも怯えてます。鏡に映る自分というリアルな例もあるわけで。
でもこの嫉妬感があるからこそ、気持ちをずっと彼女に向けられるんです。
一人の人間をずっと自分に向かせ続けるってのは楽なことじゃありません。


つーわけで、「複数の異性と関係を持つ浮気」 に関してはシロ。
それをクロとすると、男の方も見事にクロの場合がほとんどだから。

ただし、SEXは一度まで。
二度目があると見解が変わります。
「複数」 と 「一人」 の中間ってのがあるんですわ。


うわっ!なげーな。
この辺で次回にしましょ。

スポンサーサイト


コメント

  1. 紗樹 | URL | mxAgoj52

    トラバ元記事はこちら♪

    なげーよ、おわわさん(笑)
    しかも いつにもまして読解力を要する文章構成で。(つまり解り難い・・・(-_-メ)

    トラバってくださってありがとう なんだけど
    本文に引用を入れてもリンクを記載してないと
    うちの読者さんはここへは来れるけど ここの読者さんは
    元記事が分からないよん^^
    なのでイヤミオバサンっぽく 相互トラバしてみたんだけど承認待ちになったわw
    面倒でしょうから承認はなくても大丈夫。
    このコメントの私のURLで元記事に飛べますからね~^^

    ・・・どこまでもイヤミなオンナww・・・(笑)

    つづきを書いていただいてからコメントしますわw
    結局 もしもの場合にはどっちが許せないのでしょう^^?

    ・・・いらち で 早計なオンナ・・・(爆)

  2. おわわ | URL | -

    【紗樹さん】
    すんませんw 自分で読み返しても長いわ。
    トラバの承認しました~!というか承認が必要なことも知らんかった。

    これね、わかり難いでしょ。オブラートの包み方が難しくてですね。
    薬がこぼれないように頑丈に包んだら、中身がなんだかわからなくなって・・・
    あんまり直接表現を使うと、読み方によっては攻撃文みたいになっちゃうんですよ。
    揚げ足とるのがご趣味の方々も多いものでw

    紗樹さんが早計?まさか。
    もしかしてそれって計算が早いって意味ですかw
    それとも計算が上手って意味ですかww

    つーわけ(?)で、さらに長い続きを書きました~☆ ←ヲイ

  3. 紗樹 | URL | -

    男の独占欲 っていうのは難しいですねぇ。。
    それがどれほどの嫉妬を生んでいるのか を
    私でも正直 ちょっと量りかねる時もあります。
    (彼限定ですが)

    >「複数の異性と関係を持つ浮気」 に関してはシロ。
    つまり 「シロ」=許せる(可能性がある) ということね。 
    複数 であっても其々が一度きりなら。
    >それをクロとすると、男の方も見事にクロの場合がほとんどだから。
    それを許せない(クロ)とすると 男はほとんど「行きずりの浮気」をするもんだから
    許してもらえないじゃないか ってね(笑)

    コメントのつづきは それこそ長くなりそうなので
    次の記事に また改めて。。

  4. おわわ | URL | -

    【紗樹さん】
    男の嫉妬ねぇ。
    何が難しいって、本人もあんまり理解してないって部分でしょう。
    嫉妬の表現として暴力を使う人もいるし、無視する人もいる。十人十色。
    ところがそれらの源が嫉妬であると自覚してる人は意外と少ないのかも。

    嫉妬の持つ負のエネルギーはそりゃもう膨大ですから。
    ブラックホールみたいなもんです。なんでも吸い込んじゃう。
    それに女性が向こう切って闘おうとしても無駄です。
    話がややこしくなるだけ。

    >「シロ」=許せる(可能性がある)
    に関しては仰るとおり。そうせざるを得ない。
    女性の誘いを断れる男なんてそうそういませんから。
    外に目が向かないほどのビームだしてくれてないと!
    なんのこっちゃww

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://setogiri156.blog55.fc2.com/tb.php/373-d7a56166
この記事へのトラックバック

二者択一

夫や恋人の たった一度の浮気を許せない女性 というのは 何%ぐらいなんだろう 夫や恋人を すごく愛しているから 「一度きり」な...




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。